電子たばこについて

私(小口)は以前喫煙しておりましたが、数年前に完全にやめて現在はたばこに近づく事もしておりません。

しかしながら私の家内は結構な喫煙者でして、禁煙パッチも禁煙外来も効果を発揮して無事禁煙成功か!と思わせながら、鋼の精神力で喫煙者に逆戻りします。

そこで私は電子たばこを吸ってみたらどうかと勧めてみました。電子たばこにも色々と種類がありますが、ニコチンなしの物はおそらく使わなくなるので話題のIQOSを導入する事にしました。

ニコチンがあってもタールが無ければ(少なければ)いくらか違うだろうし、そこを足がかりにして禁煙に導こうという遠大な計画です。

現在IQOSは非常に品薄で近所のコンビニに予約を入れたところ6ヵ月待ちで、そもそも予約を受けないでおこうかと思っていると言われ、AMAZONで購入する事にしました。

IMG_4799

決して安くはありませんでしたが、「君の体の事が心配だから」とプレゼントする愛妻家の私。ありがとうと使い始める家内。しかし数本吸ってIQOSはお蔵入りとなりました。

すぐ吸い始められなかったり、1本吸い終わってから次の1本を吸い始める事が出来るまでに時間がかかったりして気に入らなかったようです。(味もちょっと違うと言っていました)

そこで他に無いかと調べたところ、JTのPloom TECHに行き当たりました。

IMG_4815

IQOSとはシステムが違い、加熱しないのでピュアな味わいを得る事が出来るらしいです。

ただ残念な事に現在JTではバッテリー部分が品切れで、AMAZONでは冗談のような金額でしか売っていません。諦めかけたときに互換バッテリーの存在を知りました。

IMG_4801

この互換バッテリーに

IMG_4816

カートリッジと

IMG_4817

カプセルをセットする事により喫煙する事が出来ます。

このカプセル一つで50パフ(1回吸引する事を1パフと呼びます。医療系のの用語らしいのですが、語感がちょっとかわいい)、カートリッジが250パフ分です。

IMG_4813

吸引することによりスイッチが入る仕様で、先端が赤く光ります(正規品は青く光るとの事で、50パフ終わると赤く光るようです)。

待たされる事が無く、一口二口吸ってやめる事も出来るので、こちらの方が家内には合っているようでした。

IMG_4814

そして私は試しに買った、やや大きめの電子たばこ(VAPE)に嵌まってしまい、帰宅してはアップルミント(ニコチンなし)の煙を吐き出しながら一日を振り返るのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です