贅沢で最高な休日

皆様、こんばんは。
web担当の横山です。

今日は、涼しいと言うより肌寒い位の伊豆高原。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、
そんな季節の移り変わりをよそ目に、
先日、Topシーズン入りして賑わう海を満喫して参りました。

 

aubb27TeFpAEiHaVFCNKavtyYqT2mvl6MHUxOFUYNFY
秋らしい雲とススキと共に朝日を浴びて☆

ドライブしながら海のコンディションチェック。
ポイントに行ってみないと分からないけど、
沖も風波立ってないし、良さそうだ☆

_jhVg8prulOfLjiCiU2M21bNO35Uj8pU6GW9HyLA2wU
早起きしてのドライブは、いつもより上がる♪

 

城ヶ崎海岸にある、私の元職場でもあるダイビングショップに集合して、南伊豆を目指します。

この日は贅沢に、海の師匠であるオーナーとマンツーマンダイブ!昔を思い出し、懐かしさと共に緊張します。

 

c1Jg-Lj_PRc6awAJPd4gSiWz7yH3w-bpkAIExoTtb-c
南伊豆といえども、すっかり秋ですねぇ。

 

去年も投稿しましたが、
今回も、お世話になるのは『海遊社』さん。
イカしたクルーザーとイカした海の男達が出迎えてくれます。

Bbstnj4QsQ5rrDeoY5LtSFnesLNqMQy5X2GJ2v-HqlA
290で「福丸」。「にくまる」ではありません。

LOxxqQvYs3bfORrK8UGYapQZmkUBq89NAtK7YWH0eAs
船尾のステップが上下してくれるので、
ダイバーは楽々!とても有り難いシステムです。

 

この船で目指すは、こちら!

 

G6oKcI-0Z2MENVHQJ2WQVuJT-QZGKj90bFtc0yg_518
弓ヶ浜の沖合にある「神子元(みこもと)島」です!

2dpdTNRCw-mo9_DtZdpmoxucGW7kaLjGtRP1S_AoqTQ
ここの灯台は可愛いくて絵になります(^^)

 

ここは、潮の流れがとても速く、経験を積んだダイバーのみが潜る事を許されるポイント。

だからこそ、大きなサイズのブリやカンパチの群れや、ダイナミックな魚の群れが見られる事は勿論の事、
世界でも有数のハンマーヘッドシャークの群れを見られるポイントなんです!

そのハンマーヘッドシャークの群れが泳ぐ様を
『ハンマーリバー』と呼ぶのですが、その『ハンマーリバー』を見たくて、私は毎秋この海を目指すのです!

しかし、自然相手なので、これまで群れを見た時は透明度が悪かったり、青い海の時には単体でしか見られなかったり、ある時は全くサメを見られなかったり。。。
頻繁に行く事が出来れば確率も上がるのですが、そうそう簡単に行く機会を作れない所も、この海の崇高さ。
私の中で、世界で一番『格好いい海』なのです。

通常プランのダイビングは1日2ダイブ。
ですが、コンディション良ければオプションでもう1本潜る事が出来るので、当然、3本のつもりでおりました。

所が…..


【ワクワクの1ダイブ目】

潜降途中でいきなりタンクを叩く音が!
ダイビングの場合、「こっちを見て!」の合図に音を立てるのですが、この海の場合、音がしたらすぐに発信源を見つけないと「大物」を見逃してしまいます。
急いで泳いで師匠に追いつき、二人で音の発信源の方を見ると…….

なんと、いきなりハンマーの群れに遭遇!!!!!
「心の準備できてないよ~!」と嬉しい悲鳴を上げながら、
「ウォ~~~!!!」と大興奮!

その時の写真がこちら!

DkGFYvC4ztoZt5AmCNcgp01fibPoe2a0j0Mud4jEbwk
私が恋い焦がれていた「ハンマーリバー」です!

迫力満点で、最高に格好良い!
思わず、仰向けで大の字になって眺めてしまいました。
一生忘れる事の無い、眺めです。

この写真を撮ってくれたのは、ガイドのS君。実は高校の同級生。
私が現役の時も知っているし、今も、私がいかに海が好きで、さらに神子元にどれだけ恋しているかをよーーーく知っているS君。

aOAo60b-VnJe-99dEgIitOFSPkmCUlgID6Zv6j1tvyU
こちらがS君。何も告げずサプライズで登場してみました。

そんな彼から、イカしたプレゼントを貰いました。

それがこちら!

yjbf285KCZ5ArSAApO3Py6EKD5EDYIHYD5xwfA70XAU

SF08fiPqB-iSnKa6YHKuc0-p-1wpg6nUZBlm9O01nVA

師匠と私です。
貴重な二人でのダイブ。懐かしの師弟の思い出にと気を利かせてくれたのだと思います。(口数少ないS君はそんな事言いませんが)

ただでさえ、自分が潜っている時の写真は少ないので、とても良い記念になり、嬉しいです☆

その後、

2本目のダイビングでは、新月翌日で大潮まわりと言うこともあり、人生最高速の潮流を体感。
現地ガイドの皆ですら「この10年で最高速!」と言うほどの速い潮の中、マンツーマンだからこそ、通常なら行かないシビレるコースでハンマーの群れを見せてくれた師匠。感謝です☆

3本目も見事にハンマーの群れを見る事が出来、「まさかのallハンマーーー!」と興奮気味で歓喜の止まない船内。誰もが満面の笑みでした。

そして帰港後、
器材を片付けていると、師匠が駆けてきて、
「ひで、ひで、ひで!」と私の名を連呼。
何かと思えば、
「ひで!海が良いからもう1本船出すけど、行くかって!!!」と、子供のように目をギラギラさせて言うのです。
当然、私は
「当たり前じゃぁないですか!」と。
すると、師匠も「だよなぁ!」と。

HB-v_-dMqbwxKHwsoYsdciqJhL-MBL-B12M9tl8v4Sw
早い潮の中を泳ぎ疲れていながら、既に次のダイブに思いを馳せる。
それが、この海の魔法。

この海の、この男達、やっぱり海が大好きだ。
「海が良いから、もう1本!」
海もメンズも男前で格好いい!

想定外の4本目。
まさかの、これまたハンマー遭遇で、
『夢の4ダイブallハンマー!』を実現!

gpDE5oSIeVQFet28eClk9g-95BSxQ9r4Pm3JhpW0y7Y
帰港する頃にはすっかり日も傾いて

夕方までたっぷり、今まで経験した事の無い最高のダイビング三昧。

これまでの人生で経験した事の無い『最高のダイビングと最高の休日』。

何とも幸せな1日でした。

 

☆ハンマーと海の情報はこちらをどうぞ☆
ドルフィンウェーブ
海遊社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です