東京で満腹☆

今年は去年より、花粉にやられているweb担当・横山です。

先日、新型肺炎ウィルスと花粉を
完全防備で東京へ行って参りました。

IMG_6505

マスクとゴーグルとストールで
もはや誰だか分からないレベルなのに、
気づいて声をかけてくれた知人と、
熱海までおしゃべりしながら電車でゴトゴト。

 

IMG_6438

降り立ったのは不動前駅。
社会人1年生の時、
仕事以上に楽しい呑みの場を教えてくれた
グラフィックデザイナーの先輩のお墓参りへ。

先輩と一緒に、
私のダイビングのお客様になってくれた
先輩の友人(女性)と待ち合わせ。

待っている間、

IMG_6434

私の生活圏では見かけない表示を見て
「自然少ないし、都会のハトは食料getも大変だ」
「って言うか、イラストとフォントが可愛い☆」

なんて思いながら横見たら、落とし物。

IMG_6435

「誰かが拾って置いたんだろうなぁ」
「私なら、手のひら下向きで置いちゃうな」

なんて、どうでも良い事考えていたら
姉さん到着。

お墓参りを済ませ、
昔話をしながら向かったのは、
新宿。

IMG_6439

「久々だぜ!新宿!」

先輩との思い出は、
人生初のゴールデン街 & 2丁目。

週末は先輩と同期と3人で、
先ずは3丁目の老舗ディスコ「ニューサザエ」、
次にゴールデン街のジャズバー「シラムレン」、
途中で青山のクラブ「MIX」で踊って、
「シラムレン」に戻り、最後は「ニューサザエ」。
朝になったら電車で帰宅。

もの凄く刺激的でサイケデリックで最高なカルチャーを
毎回毎回スペシャルなコースで楽しませてくれた先輩。
「人生は楽しまないと!いつ死んじゃうか分かんないんだから!」
と、いつも言っていた。
彼に出会わなければ、人生もの凄く損をしていた。
私の好奇心の幅をうーーんと広げてくれた先輩に、出会えて良かった。

 

この日は、そんな刺激的な夜程では無いものの、
「懐かしの新宿で呑み倒れだ!」と
姉さんと女二人、はしご酒。

なにせ、姉さんは生まれも育ちもずっと新宿。
顔なじみのお店が多く、
新しくできたラム肉店でご飯を食べて、
メニューがもの凄く沢山ある居酒屋、
沖縄料理店で伊江島出身のマスターと常連さんとワヤワヤ☆

IMG_6444

最後は、いつも通っていた、
懐かしの花園神社に寄ってホテルへ。

もの凄く楽しい夜を満喫しました。

 

翌日は、
朝から水しか飲んでなかったので、腹ペコ。

買い物を済ませて、
何を食べるか悩んだ末に品川へ。

品川駅のエキュート品川2階、
時間がある時に立ち寄る、お気に入りのカレー屋さんへ。

IMG_6445

IMG_6446

シターラ・ダイナー
なにより美味しい!そしてメニューが豊富!
更に、ビールセットも充実。
かゆい所に手が届く感じで良い♡

とは言え、
前夜たっぷり呑んだので、
ここはアイスハイビスカスティーで我慢。
IMG_6447

選んだのは
2種類のカレー[ダル(豆)とスパイシーチキン]&インド米
このスパイシーチキンカレーは毎回食べてます♡
インド米の外に、国産米とナンも選べます。

C51A7F64-9723-443B-8075-EFBCC1CB171C

付け合わせの茶色い塊は
千切りカボチャを揚げた物で
甘さとパリッと感が、カレーと相性抜群です!

「飲み過ぎた翌日は、やっぱりカレーだなぁ☆」と
スパイスの薬効にあやかりつつ、
大満足で帰路についたのでした。

 

因みに、
入り口のメニューを覗いたり通りがかる方に
店長さんらしきインドの方(多分)が
「いらっしゃいませ~!宜しければどうぞ~!」
と言うであろう所を、
なぜか「お一人ですか~!」と声をかけるんです。
相手が何人であろうと、いつも。

思わず、笑っちゃうんですよね(^^)

“東京で満腹☆” への 2 件のフィードバック

  1. 江戸はいいねぇ 拙者は若い頃3年間江戸で暮らしたことがあります
    何でも大阪の5倍以上はあると感じました
    ここから江戸へは5回程行きましたが新幹線、踊り子号は未だ使ったことはありません
    今の型の踊り子号は3月のダイヤ改正により順次車両が置き換えられ、ラストラン近しです

    1. ☆彡大佐衛門様
      いつも有り難うございます!
      大阪は1度しか行った事が無いので、そこまでの違いを感じませんでしたが、
      やはり東京は首都なだけのことはあるんですね。
      祖母が東京出身なので、親戚も多く行く機会も頻繁だったのですが、
      住むとまた違いますよね。
      私は都会の多様性が好きです。こればかりは伊豆には無いものなので。
      文化も食べ物も何でも、刺激的な物が大好きです(^^)
      踊り子号の代替わりもいよいよですね。
      やっぱり春は、別れと出会いの季節ですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です