床下点検です。

あっという間に11月。アメリカの大統領選や、早くも今年の
流行語大賞ノミネートやらなんだか、これまたあっという間に
時間が流れて行きそうですが、私もバタバタと流されないように
したい、営業の木場(こば)です。

今日は半日、大工さんをやってりました(笑)そう、床下点検です。
ただし、このお宅は床下点検口がありません。よくあるのが
キッチンの床に収納庫がありますが、それがあればそこから
床下に入れるのですが無い場合は、和室の床板、コンパネを切ります。


和室の畳を上げて、コンパネを切ります。

DSC_5631
私の七つ道具?(笑)丸のこ、メジャー、バール、釘抜き、ヘッドライト等々・・・。


30年近く前は、床板は鉄釘で留めてたんですね。小さなバールで
抜こうとても・・・

DSC_5637
頭がもろくなってて、抜けません・・・(涙)

DSC_5635
釘が抜けないので、一気にカットする強行手段。
およそ、50cmくらいの大きさで切ります。この時に
釘の下にはいわゆる根太という木がありますから、釘の
スレスレを丸のこで切って行きます。

DSC_5645
丸のこの歯は、およそ15mmにセッティング。コンパネの厚みは
およそ12mm。

DSC_5639
最新の注意を払いながら、ギュイイイ~ンと切って行きます。

DSC_5641
ナイス!!見事にパッカーン!!白いのは、発泡スチロールの断熱材です。

DSC_5642
この根太の太さがおよそ40mm、コンパネの厚みが12mm
ですから、15mmの歯でカットすると、カットしたコンパネは
下には落下しないのであります。

DSC_5647
庶民の味方、行こう!!みんなでワークマン!!の長靴と膝当て!!

DSC_0609
では、地底探検に行って参ります!!(笑)

DSC_5650
いわゆる布基礎。高さも充分あり、湿気もなく地面も乾燥しており
かなりいい状態です。ワークマンの膝当ても必要なし!(笑)

DSC_5653
がぁ・・・見つけてしまいました(涙)これ、白アリの生息の
可能性がかなり高い、いわゆる蟻道(ぎどう)と呼ばれるものです。
白アリはこのトンネルを通って、木部に到達して土台をパクパクします。

DSC_5655
木部の食害はほとんど無く、やはり床下の部分は風通しが良かった
からなのか、乾燥して木部もしっかりしていたので、目に見えての
被害はありませんでした。

しかし、今後の事を考えると防蟻処理はした方が良いかと思います。
こう言った提案をして、買主様にはご納得して頂けました。
よかった、よかった。

可能な限り、お客様の立場に立って、ご提案できるように
頑張ります!!

 

投稿者: Koba Hitoshi

私の趣味はオートバイで、伊豆の自然の中を四季を通して走り回る事が大好きです。 真冬でも、テントと寝袋を積んで、キャンプも大好き!!たき火を囲んで、星を眺め友人と酒を飲む至福の時間が、何よりも大好きです。

“床下点検です。” への 2 件のフィードバック

  1. 物件の床下にも潜るんですね
    私も自分の家の床下に潜った事がありますが、移動が大変です
    キャスター付きの花鉢台がカインズに売ってるので(5輪付いて900円程)今度それを使って潜ってみます
    白蟻チェックと掃除が目的ですが、近くの家ではリフォームのつもりが家取壊しになって更地になった家があります

    1. ☆彡大佐衛門(八幡野在住)さま
      いつも、コメントありがとうございます。床下に入る前に
      先ずは柔軟体操をしてから入ります(笑)床下の高さが
      高ければ、移動は楽なのですが、なかなかそういうお宅ばかりでなく・・・。
      白アリについては、やはり定期的な点検が重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です