キョウカイってなあに

こんにちは。経理事務の金指です。よろしくお願いしますm(_ _)m
HPのリニューアルと同時にブログが始まると聞き、営業の皆さん、楽しみにしてますね~♪と、余裕綽々としていたのですが、
社長「金指さんもだよ^^」

 

私「・・・・・・・はい^^;」
やばい!阿呆が全国に晒されてしまう!!!!と、焦っている次第であります。頑張ります(>_<)今日はそんな私の阿呆話をひとつ。

先日、私が仕事をしていると、営業の皆さんがいそいそと着替えを始め、物件調査に向かいました。物件調査とは、とても簡単に言いますと、お客様に、安心して安全な物件をお渡し出来るようにする為の調査なのですが、その調査の中に“境界探し”というものがあります。作業風景はこんな感じ。IMG_5435

※この写真は浄化槽から浸透桝を探しています。

ミモ座に入りたての頃、不動産の事に対して無知な私は、“キョウカイを探してくる”と言って営業マンが出掛けて行く意味が分からず、無事に引き渡しが出来るように、教会に行ってお祈りでもするのかと思っていました(割と真剣に)。

木場さん「キョウカイが見つからないよ~(T-T)」

私「えっ(伊豆高原の教会ってそんなに分かりにくい場所にあるんだ・・・)、私調べておきましょうか?」

木場さん「いいよ~大丈夫だよ~!午後も行ってくる~!」

私「(インターネットで調べればいいのに・・・)」
と、完全にアンジャッシュのすれ違いコント状態でした。

でも、しばらく経つと、汗だくになって帰ってくる営業マンや、泥まみれになって帰ってくる営業マン、ケガをして帰ってくる営業マン・・・。

(・・・・・・!?これはお祈りしているわけじゃない!!気になる!!私気になる・・・!!)

土や汗や鼻水まみれの作業着を洗いながら、戦場にでも行ってきたんじゃないかという位クタクタになっている営業マンの迷惑を顧みず(笑)、何をしているのか聞くと、境界とは、自分の敷地を示すためのもので、売主様には明示義務というものがあり、とても大事なものなんだそう。つまり、境界が定まってないと揉める原因になりかねないわけなんですね~。

私も以前は一戸建てに住んでいましたが、その戸建てを購入する際の不動産屋さんも、同じように物件調査や、役所に行ったり、ガス・電気、周囲の環境など細かいところまで調べてくれていたんだな~と思うと、自分が知らない所でたくさんの人が動いてくれている事、感謝ですね。

まだまだ分からない事はたくさんありますが、スタッフの皆さんに教えてもらいながら、日々精進に努めている金指なのでした~~~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です