実は初めて見た、幻の滝

またまた台風接近で、週末は天気が荒れそうですが
いつの間にか季節は秋になって少し、肌寒さを感じますね。
体調管理には気を付けたい、営業の木場(こば)です。

先月のお休みですが、実は今まで話しは聞いておりましたが
見た事がなかったので、幻の滝を探しに行ってみました。
そう、伊豆高原にあるんですね。

伊豆高原駅から歩いてすぐ。橋立の吊り橋方面に行きます。

横に流れるのが対馬(たじま)川です。


橋立の吊り橋・・・すみません。写真忘れました(笑)
それより・・・実はこのアングルで写真を撮るのは初めて
なんです!!


ドーン!!


そう。この高さまで下りて来たのは初めてでした。


溶岩が急激に冷え固まった柱状節理と言うそうです。
潮だまりがあり、大淀、小淀といいます。
磯釣りの人たちもいましたね。


4000年前に大室山が噴火して、ここまで到達したのか。
天然の擁壁で大波も打ち砕いてくれそうな、圧倒的な
重量感です。自然の力って凄いです!!

でも、波の高い日は危険ですから、気を付けて下さいね。
岩場は滑りますから、スニーカーは必須ですよ。

そうそう、岩場まで下りて興奮しましたが、お目当ては
これでした!!(笑)よかった!!見られた!!(笑)

水量が少ないと消えてしまいますが、この日は少し前に
まとまった雨が降ったので、消えずにいてくれました。

この季節、伊豆高原はキンモクセイの香りがプンプン(笑)
秋の散策を楽しみながら、台風一過の晴れた日に
ここへ行ったら、もっと大きな対馬の滝に、出会えるかも
知れませんよ?でも、雨降りの度に見られたら幻の滝じゃ
無くなる気がしますが・・・(笑)

コロナのせいで、長らく乗って無かった2号機のバイクが、
バッテリーが上がって、車で散策した木場(こば)でした(笑)

 

 

投稿者: Koba Hitoshi

私の趣味はオートバイで、伊豆の自然の中を四季を通して走り回る事が大好きです。 真冬でも、テントと寝袋を積んで、キャンプも大好き!!たき火を囲んで、星を眺め友人と酒を飲む至福の時間が、何よりも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です